海外FXをする前に知るべきこと

キャンペーンは罠だったりするのか?

最近では海外FXが注目されバナー広告なども増えていますが、キャンペーンを行いお得にできると考えがちです。
海外の業者はトレーダーをなるべく増やしたいと考えているため、新規口座開設や入金でボーナスを付与するなどのキャンペーンを行う傾向があります。

しかし、日本の業者のように金融庁の許可を受けていないため、利用を推奨されず自己責任で取引を行なうことが必要です。

このため、相談するときは業者に問い合わせることになり、日本語に対応していないと困ります。
また、金融ライセンスを取得していないと出金や約定を拒否するなどの詐欺が起き、倒産しても預けた資金を返金してもらえないためリスクが高いです。
しかし、海外の業者はメリットだけを強調して登録者数を増やして多くの金額を入金させるため、キャンペーンを行い勧誘する傾向があります。

業者をきちんと確かめて選ぼう

海外の業者は国内と違って不透明な部分が多く、メリットやキャンペーンだけで利用すると判断すると危険です。
業者を見分けるポイントは金融ライセンスを取得していれば監視されて不正行為ができないため、出金や約定を拒否されるリスクを避けることができます。

また、会社概要で所在地や連絡先を確かめ怪しい点がないか確かめ、不明な場合は他社を探すようにすることが望ましいです。
資金管理の方法は信託保全が義務化されていないため、倒産した場合に預けた資金を返金してもらえなくなります。近年では経済事情が大きく変わりやすく予期せぬ倒産も増えているため、万が一のことに備えて業者を選ぶようにしないといけません。

選んではいけない業者とは?

海外FXを副業としてするときは一獲千金を夢見て始めるトレーダーが多いですが、実際には一筋縄ではいかないものです。

海外の業者の多くはマイナーな国や地域に本部を構え、英語ができないと取引自体ができない傾向があります。
また、日本の金融庁の許可を受けていないため利用するときは自己責任になり、ハイレバレッジの取引に目がくらむことがないようにすることが大事です。

海外の業者は利用者の口コミや評判があれば選ぶ手がかりになりますが、少なければ嘘の情報もあります。
また、ホームページを確かめ会社概要や所在地、連絡先、サポート内容が明記されているか確かめ、不足していれば他社を探すようにするとリスクを避けやすいです。資金管理の方法は信託保全が義務化されていないため、企業の経営状態を確かめ倒産して返金されないなどのトラブルを回避する必要があります。